ホーム > 研修の流れ > MACCの日本語教材
MACCの日本語教材
MACCの日本語教材
MACCのオリジナル日本語教材

(a) イニシャルキット
この教材は、特に、来日前に日本語の学習を始めたい人向けに開発されたものです。日本での生活にすぐに役立つ基本的な情報とともに、発音や会話を含む便利なサバイバル日本語が習得できます。テストも用意されていますので、解答をMACCにメールで送って添削とアドバイスを受けることができます。
(b) かなアソシエーション、漢字アソシエーション、語彙アソシエーション
この連想法では、従来のかな、漢字、語彙の学習法と比べて5分の1のスピードで習得が可能となります。絵とヒントを使って、それぞれ46ある「かな」が90分以内に、50の漢字が90分で覚えられます。300の基本語彙は、連想や語呂合わせで楽しく学べます。



Kanji Association Book Vol. 1 が作成・出版されました(2012年発行)。

52の基本的な漢字が、MACCのオリジナルアソシエーション メソッドとわかりやすいイラストで、楽しく簡単に学べるようになっています。

学習漢字としては、数字、方向、そして街中でよく見かける様々な漢字が 取り上げられています。
MACC Kanji Association Book


(c) Japanese for Practical Use (JPU)
MACCの受講者の実生活での体験に基づいて100以上の日常会話が作られ、教材として作成されました。初級用ですが、生の日本語会話ですので、自然な表現が身につきます。各種練習問題、文法説明、文化情報、クイズとともに、CDやテープも完備しています。
(d) Kanji for Practical Use (KPU)
メニューや道路標識、タグや操作方法、各種お知らせに使われる漢字をサバイバル用に写真つきで示しています。日常生活に必要な理解力を身につけて、自力で行動できるようにするのがねらいです。
(e) 中級漢字
中級から上級初期のレベルの漢字をグループ分けして、一つのまとまりを一度に習得するように工夫されています。
(f) ビジネススピーチ集
会社内外の式典、パーティ、会議などで異なる対象にあてたスピーチが47含まれています。中級の上位レベルから上級レベルの外交官やビジネスパーソン向けです。スピーチには欠かせない敬語表現やことわざも付記してあります。
(g) ビジネスの日本語
ビジネス場面で使用される会話、語彙、表現を練習するための教材です。日本の商習慣の説明も含まれていますので、日本企業と取引のある受講者に有用です。
(h) 会計・銀行用語集
銀行業務に必要な語彙が日本語、英語、ローマ字で記載されています。財務、銀行関連業務に携わっている受講者には辞書としても使えます。
(i) 銀行業務のための実践日本語
支払、預入、振込、送金、訂正、削除、売掛、買掛などを扱う会話が55含まれています。各々の会話には英語訳、ローマ字表記、語彙、基本文型、便利な表現、各種練習、ロールプレイ、クイズが付いています。
(j) かなカード
濁音、長音、促音、幼音、撥音を含む全てのかなのカードです。市販のものには、これほど揃ったものはあまりありません。
(k) 漢字カード
受講者が復習しやすいように難易度により三部に分けて作られています。漢字には一つずつ英語訳がついています。
(l) ゲーム教材
絵カードやゲームを使って聞き取りと発話が反射的にできるように工夫されています。身に付けた表現をコミュニケーションで流暢に使える練習をします。
(m) サバイバルジャパニーズ
サバイバル用に基本的な表現、使用場面は全て入っています。日常の挨拶やすぐ使える表現、数字、質問の言葉などが効率よく習得できるように構成されています。
(n) 動詞形の作り方・使い方
日常でいろいろな表現を効果的に使えるように、動詞形の作り方のコツを示し、練習できる構成になっています。