ホーム > MACC日本語レッスン > レベル別日本語プログラム > 実用日本語
レベル別日本語プログラム

実用日本語
(a) 初級コース
簡単な文を使って日常会話ができる能力を養う。いろいろなサービスを受け、自分の要望が伝えられるようになる。ビジネスを含む日常生活で使う短い文を読んだり書いたりできる。
(b) 中級コース
長めの文を使って日々の決まった場面の会話ができる力を習得する。サービスを受ける際に詳しい説明ができ、会議で意見を述べることができる。複雑でないビジネス文書の読み書きが可能となる。
(c) 上級コース
一般的なビジネス場面で討議や交渉ができ、ミーティングで様々な文体のスピーチやプレゼンテーションができる。テレビから情報を収集したり、辞書を使って新聞や本などを読んだりすることができる。長めのビジネス文書も書ける。