ホーム > MACC日本語レッスン > 目的別の日本語プログラム > 証券アナリストのための日本語
目的別の日本語プログラム
(c) 証券アナリストのための日本語
習得される場面例 (80時間コース)

- 部内ブリーフィング
(ロールプレイ:東京のNew Rich Capital Markets社のスミスがPONY社の投資比率に関して部内ミーティングでプレゼンテーションを行う。PONY社は情報部品を専門に製造している)

- 会社訪問
(ロールプレイ:スミスはインターネットのベンチャー企業であるカドマツ社を訪問し、CEOの鈴木と面談する)

- セミナーでの講義
(ロールプレイ:New Rich Capital Markets社のエコノミストであるスミルノフは、法人顧客向けの投資セミナーで日本経済の展望についてレクチャーを行う)